本当にニキビに良い洗顔料を人気ランキングで紹介!ニキビ予防にもニキビケアにも実はとっても重要な洗顔料選び。洗顔料の選択を誤るとニキビが治らないばかりか逆に悪化させてしまうことにもなりかねません。ニキビ肌への効果が実感できる本当に良いニキビ洗顔料の選び方を伝授します。

ニキビ肌にはニキビ用の洗顔料を使わないとダメ!

ニキビができやすくなってしまったお肌には、ニキビ用として販売されている洗顔料を使うことが正しい選択です。ニキビ用の洗顔料は古い角質を取り除くピーリング効果のあるタイプや汚れや皮脂を吸着するクレイ(泥)を使ったタイプがおすすめです。

メイクも落とせる洗顔料や泡立ちが良いだけの洗顔料ではニキビ予防やニキビ肌には逆効果です。
油分の取り過ぎによる皮脂を過剰分泌を促し肌を乾燥させて角質を固くし、毛穴を詰まらせる原因になるからです。ニキビ洗顔料選びはとっても大事です。ニキビケアの要ですから洗顔料はこだわって選んでください。


ランク3
b-glen クレイウォッシュ
ビーグレン クレイウォッシュ
毛穴の奥まで入り込む天然クレイの洗顔料!
ビーグレンのクレイウォッシュは天然クレイの中でも特に汚れや皮脂、角質などを吸着する効果が高いモンモリロナイトを使ったニキビ洗顔にピッタリの洗顔料です。洗いあがりもしっとりとしていて口コミでも評判の良いニキビ洗顔料です。
3,950円送料無料
ニキビケアのトライアルでお試しできます。(1,890円)
もずの魔法石鹸
もずの魔法石鹸
アトピー肌でも大丈夫なやさしい石けん♪
もずの魔法石鹸はニキビやアトピーで荒れた肌でもしっかり洗えて潤いを与えてくれる洗顔石鹸です。乾燥肌っぽい人におすすめ!保湿力の秘密は高分子フコイダン!詳細は公式ページで^^
モニター価格 960円送料無料
どろあわわ
どろあわわ
超微粒子マリンシルトの泥洗顔♪
沖縄の海から取れるマリンシルトと吸着力がすごいベントナイトを配合した泥豆乳石けんです♪毛穴汚れをしっかり吸着し潤いも与えるからニキビ洗顔にピッタリです。
単品購入2,980円定期コースなら 初回1,489円送料無料
ニキビ用固形石鹸 ノンエー
NON.A
薬用ニキビ専用の固形洗顔石けんです!
ノンエーは医薬部外品のニキビ専用洗顔石けんです。弾力のある泡立ち豊かな石鹸で汚れをしっかり落としつつ、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸など潤い成分もタップリ配合!
2,940円送料525円
長寿の里 よか石けん
つかってみんしゃい よか石けん
火山灰シラスが毛穴汚れをしっかり落とす!
長寿の里つかってみんしゃいよか石けんは、九州南部でとれる超微粒子の火山灰シラスを使ったキメ細かい泡が特徴!毛穴の奥に入り込み汚れをすしっかり落とします。
1,890円送料400円


ニキビがあるときやニキビ予防を積極的にしたい場合は、お手軽な価格で買える普通の洗顔料や「メイクも落とせる」というようなタイプの洗顔料ではいけません。ただ汚れ落ちが良いだけの洗顔料や油分の多いメイクを落とすために水となじませるための合成界面活性剤をたくさん使っている洗顔料がこれにあたるからです。

合成界面活性剤を多く使った洗顔料は確かに皮脂汚れやメイクも落としやすいのですが、お肌に必要な油分まで根こそぎ落としてしまうため、皮膚を異常に乾燥させてしまうのです。皮膚の表面が乾燥するとお肌を守っている角質が乱れたり硬くなったりして毛穴に詰まりやすくなります。また、乾燥肌を改善しようと体が皮脂をより多く分泌してしまうのです。角質が硬くなり皮脂が増えるということがニキビを出来やすくしてしまう大きな原因の一つです。

ニキビ用洗顔料の人気が高いものはこちらでも紹介されています。

ニキビ洗顔の人気商品


ニキビ洗顔料の種類と洗顔料に使われる肌を洗う成分

ニキビ肌に合う洗顔料を探そうと思っても種類が多すぎて迷ってしまうことはありませんか?クチコミやレビューを参考に選んでも自分には合わなかったという方も少なくありません。

ポイントは、肌質やニキビのタイプに合うものを選ぶこと!そのためには、洗顔料の種類や洗顔料に使われている成分を知っておくことが大切なのです。
ニキビにお悩みの方におすすめの洗顔料のタイプや成分についてまとめましたのでぜひ役立ててください。 ●洗顔料の種類と特徴
洗顔料といっても種類は様々。同じ商品でもしっとりタイプとさっぱりタイプに分かれていることもあります。

・固形石けんの特徴
石けん素地をメインにシンプルな原料で作られているものが多く肌質を問わず支持されている一方で、香料や着色料が多く使われているものもあります。油分たっぷりのコテコテしたものが少ないのでニキビ肌にも使いやすいという特徴があります。胸元や背中のニキビでお悩みの方は洗顔もボディも固形石けんだけで済ませることができるというメリットも。できるだけ添加物が少ないものがおすすめです。

・洗顔フォームの特徴
ニキビ肌と相性が良いといわれるクレイが配合されているも、やうるおい成分がたくさん配合されているもの等、種類が豊富なのが洗顔フォームの魅力です。クリームタイプのものやリキッドタイプのものなど形状は様々。皮脂の分泌が活発な10代向けの洗顔フォームや男性向けの洗顔フォームは脱脂力が強いものが多く、乾燥が気になるニキビ肌にはおすすめできません。

・洗顔パウダーの特徴
パウダーをスポンジや泡立てネットに出して泡立ててから使います。酵素配合の古い角質や毛穴のよごれを取り除く効果が高いものが多いものの、最近ははちみつやシルクといった自然素材が配合されたものも登場しています。

・泡タイプの特徴
ポンプをプッシュすると泡が出てくるため手やネットで泡立てる必要がありません。手軽に使える反面、強い界面活性剤や発泡剤が含まれているものもあるためニキビの炎症が気になる方には刺激になる心配があります。

・拭き取りタイプの特徴
拭き取り化粧水をコットンに出して顔をやさしく拭き取るように使います。朝は拭き取り粧水、夜はクレンジング+洗顔料と使い分けている方もいます。入院や断水などで洗顔できない環境でも使えるというメリットがあります。

ニキビ洗顔におすすめの洗顔成分
ニキビ向けの洗顔料は古い角質や毛穴のよごれを取り除くクレイが配合されている洗顔料がおすすめ!
保湿成分が配合されている洗顔料はすすいでしまうためうるおい効果はあまり期待できないそうです。乾燥が気になるニキビ肌の方はクレイなどでよごれを取り除いてからスキンケアでたっぷり保湿しましょう。

・石けん素地
石けん素地は固形石けんの基本的な原料です。牛脂、米ぬか油、パーム油などから作られた脂肪酸ナトリウムという成分でできています。界面活性剤の仲間ですが、紀元前から使われていることから安全性が高くニキビ肌でもお使いいただけます。

・天然クレイ、海泥
天然の泥を原料にした微粒子のクレイが配合されている洗顔料があります。クレイは過剰に分泌された皮脂を吸着してくれたり、毛穴の汚れを取り除いてくれたりするためニキビ肌と相性がよい成分といわれています。

・AHA、パパイン酵素
AHA(フルーツ酸)やパパイン酵素には、毛穴を詰まらせてニキビを発生させる肌の古い角質を取り除くピーリング作用があります。毎日使うと肌への刺激になることがあるため、週1~2回程度の使用に留めるか肌がごわついてきたなと感じた時に使うようにしましょう。

・グリチルリチン酸2K
薬用のニキビ洗顔料に配合されていることが多い成分です。甘草から抽出された成分でニキビの炎症を抑えてくれる効果が期待できます。炎症を起こしやすい敏感肌の方にもおすすめの成分です。

「ニキビ洗顔料人気ランキング|本当にニキビ肌に良い洗顔料はコレ!」について
ニキビ洗顔料はつい油分を落としやすい洗浄力の高い洗顔石けんなどを選びがちですが、洗浄力だけで選ぶとニキビが悪化してしまいます。皮脂の摂り過ぎがかえって肌を乾燥させて角質を固くして毛穴詰まりを助長してしまうからです。また炎症をおこしているニキビには洗浄力の高い合成界面活性剤はよくありません。ニキビ肌には適した洗顔料があるので、そのような洗顔料を選んで使うことが大切です。当サイトではニキビ洗顔料選びに役立つよう人気のニキビ洗顔料を紹介しています。また正しい洗顔方法やクレンジングについても解説していますのであわせてご覧ください。